雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

鑑賞(映画、テレビ)

鎌倉殿の13人 第45話 八幡宮の階段

公暁による実朝暗殺事件は歴史上大きな事件であり、本物語においても重要な転換点になると思われたが、その大きな事件を更に大きな物語の一部に組み込んでしまうことが三谷脚本のすごさ。 並の脚本家なら、事件そのものを中心に置いて話を進め、その事件に物…

オリックス優勝

今年のプロ野球日本シリーズは、オリックスが日本一となった。おめでとうございます。近鉄百貨店では優勝記念セールが始まるのだろうか。 それぞれセ・パの優勝チームがクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本一をかけてヒリヒリするような熱い戦いが7試合…

鎌倉殿の13人 第39話 穏やかな一日

今回は実朝を中心とした話。そして、主人公北条義時の非道さが際立つ話であった(ここまで徹底して悪役を演じる大河ドラマの主役も珍しい)。力のない将軍実朝を恫喝する執権義時。着物も、白い実朝と黒い義時。あれだけ「良い奴」だった小四郎が、よくもこ…

鎌倉殿の13人 第37話 オンベレブンビンバ

謎のタイトルだったが、なんと大姫の「おまじない」だったのか(しかも時政は間違って記憶していたわけで、これは分かるわけがない)。「オンベレブンビンバ」から始まる、悲しくも美しい「最後の一家団欒」シーン。これは三谷脚本が起こした奇跡だ。第35話…

スウィング・キッズ

スウィング・キッズ デラックス版 [DVD] D.O. Amazon カン・ヒョンチョル監督、D.O.主演。朝鮮戦争下における捕虜収容所内を舞台にしたドラマ。タップダンスをするための混合チームを中心に、様々な悲喜劇がテンポよく繰り広げられる。冒頭からやけにハイテ…

鎌倉殿の13人 第31話 諦めの悪い男

今回は怪優、佐藤二朗の回。狂気の笑顔はまるでエイフェックス・ツインのようだった。冒頭、なんと康すおんが一人二役。「佐々木のじいさん」と「その孫」を同じ役者が演じるとは。本筋とは関係ないところで驚き、笑ってしまった。

ドキュメント72時間 歴代ベスト10

NHKの「ドキュメント72時間」も放送開始から早や10年間か*1。この番組、私はかなり初期から観ていたと思うが、いつどの回を見ても、本当に世の中(日本国内だけでも)には色々な人がいて、その人それぞれに様々な状況があって、皆その人限りの人生を懸命に過…

鎌倉殿の13人(第27話 鎌倉殿と十三人)

前回で大泉洋演じる源頼朝が死んだ。第1話から義時、政子、頼朝の三人が主役として話を進めてきたので、頼朝亡き後はどうなってしまうのだろうか、と不安に思いながら見たところ、大変面白くて驚いた。 前編とは違った展開として、一度物語を仕切り直し、こ…

タクシー運転手 約束は海を越えて

タクシー運転手 約束は海を越えて [Blu-ray] ソン・ガンホ Amazon チャン・フン監督、ソン・ガンホ主演。実話を舞台にした映画らしく、私はこの作品で「光州事件」を知った。 久々に映画を観たところ、良い作品と出会えた。コメディ風の作品から、次第にシリ…

鎌倉殿の13人(第12話、第13話)

前年度の「青天を衝け」が大変面白かったので、そのままなんとなく見続けていた大河ドラマ「鎌倉殿の13人」だが、これまではのめり込めなかった。脚本は三谷幸喜だし、役者さんも上手なので面白いことは面白いのだが、いかんせん時代が古すぎる。明治時代と…

燃える闘魂 ラストスタンド~アントニオ猪木 病床からのメッセージ~

www.nhk.jp 歳をとり、難病にかかり、苦しみながらも「アントニオ猪木」として生きる姿を追うドキュメント番組。猪木は、年を取ろうが、病気になろうが、どこまでもアントニオ猪木として闘っていた。与えられた命を燃やし、生き様を全身で見せる。「『元気が…

冬季オリンピック

今日は祝日。晴天でポカポカして、春を感じる陽気だ。子どもと公園へ行ってバドミントン等をして遊ぶ。今日の昼食は「最高にうまい食べ方は、外だ」のコマーシャルに影響されて、チキンラーメン。鍋と卓上ガスコンロと水があればできるからね(アウトドア用…

ペンギンズ

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー [DVD] トム・マクグラス Amazon アニメ映画が観たい、とのリクエストに応えて何気なく見てみたら、親の方がはまってしまった。このスピード感、そしてこのギャグセンス(ブラックユーモア)。隊長最高だな。めち…

朝のテレビ番組

平日の朝は慌ただしい。特に冬はベッドから起きるのに時間(と気合)がかかるので、そこから朝食を用意して食べて片付け、着替えて出かけるまであっという間だ。 そんな朝だが、決まって見ているテレビ番組がある。基本的なルーティンは、6:50~おはよう日本…

ジョジョ・ラビット

ジョジョ・ラビット [AmazonDVDコレクション] ローマン・グリフィン・デイビス Amazon タイカ・ワイティティ監督、ローマン・グリフィン・デイヴィス主演。終戦間際の第二次世界大戦中のドイツを舞台に、ナチへの信奉と自身の良心に揺れる主人公の成長を描く…

青天を衝け

ついに最終回。寂しいけれど、どんな物語もいつかは終わる。第1回から通して視聴して、どの回も素晴らしく、見応えがあるドラマだった。この大河ドラマを妻と一緒に最後まで見続けたのは、後ほど振り返って良い思い出になる気がする。以下、感謝の気持ちを…

プロ野球日本シリーズ

ヤクルト対オリックス。どの試合も接戦で見どころ満載、力が拮抗していて良い対戦だ。どちらのファンでもないのだが、毎日の観戦が楽しみだ。ぜひ最終戦までもつれてほしい。

旗当番

2か月に一度、朝の通学路の安全確保のため、信号機のない交差点で行う「旗当番」の役割が当たる。朝の寒さが厳しくなってきたのはつらいところだが、仕方ない。現地に行ってみたら、二人組で当たる箇所なのに今日は一人しかいない。困ったが、それもまた仕…

Fujii Kaze "Free" Live 2021 at NISSAN stadium

www.nhk.or.jp www.youtube.com NHKの番組を観てから、youtubeを観た。真摯に自分の音楽と向き合う藤井風さんは、とても素敵だ。とても素晴らしいライブだと思ったが、これほど素晴らしい演奏だったからこそ、やっぱり鑑賞する人が同じ会場に居たらもっと盛…

NHKスペシャル「認知症の先輩が教えてくれたこと」

www.nhk.jp いつ認知症に家族がかかるか、また自分がかかるか、それは分からない。しかし、きっと、いつかきっと認知症が「自分事」になるだろう。番組によると、家族も、本人も、事実を受け止められない苦しい日を送る中で(この過程がとてもつらいけれど、…

ナイトミュージアム

ナイト ミュージアム [Blu-ray] ベン・スティラー Amazon ベン・スティラー主演、 ショーン・レヴィ監督。ファンタジーであり、親子の物語であり、コメディー要素もあり、困難を乗り越える物語でもある。様々な要素のつまった話を、短い尺の中でとても分かり…

お盆の休み

お盆といっても、コロナ感染が拡大する中は皆で集まることもできず、しかも異常に長い雨が続き(人流の抑制には効果があるかもしれないが)、遠出することも難しい。結局、図書館で本を借りて、近所の卓球場で卓球をするくらい。テレビもオリンピックが終わ…

コロナ禍におけるGW

ゴールデンウイークとはいうものの、仕事は忙しくて休暇は取れないので、あくまでカレンダー通り。そもそも、大型連休を作ったところでコロナ禍で旅行にも行けないし、どう過ごしたものか悩む。 とりあえず図書館で本を借り、Amazonで「クアルト ミニ」と「…

青天を衝け 第9回

良い脚本、良い役者、良いアングル(構図)。毎回素晴らしい出来栄えだが、特に今回素晴らしかったのは平岡円四郎役の堤真一さんと井伊直弼役の岸谷五朗さん。魅せるなあ。

七つの会議

七つの会議 通常版 [Blu-ray] 発売日: 2019/09/11 メディア: Blu-ray これは原作の方が断然面白かった。テレビドラマとして10回くらいかけて放送したらよかったのに。

岸辺露伴は動かない

録画していた昨年末のドラマをようやく観ることができた。素晴らしい。脚本も衣装も小道具もロケも音楽も良かったが、何が素晴らしいって高橋一生が最高過ぎた。あの岸辺露伴が(ヘブンズ・ドアも)確かに実写化されていた。完璧だった。「この岸辺露伴が」…

青天を衝け 第1回

令和3年度大河ドラマの第1回。先週、「麒麟がくる」の最終回を迎えたばかりなので、まだ頭が切り替えられていないままに観たのだが、最初から最後まで素晴らしかった*1。役者良し、脚本良し、映像良し、今後への期待感ありで満貫。渋沢栄一の生家周辺のロ…

麒麟がくる

いよいよ来週が最終回。帰蝶と十兵衛の会話は、素晴らしかった。主要な役者さんを見る限り、良いドラマだと思うのだが、いかんせん脚本(筋書き)が良くない。惜しい。設定上、織田信長を悪役とするのは構わないとしても、なぜ信長が天下人となれたかの説明…

007/ロシアより愛をこめて

ロシアより愛をこめて [Blu-ray] 発売日: 2011/04/22 メディア: Blu-ray 監督テレンス・ヤング、主演ショーン・コネリー。追悼として見てみたが・・・、古い。残念ながら、スパイアクション系の古い作品は鑑賞に堪えないようだ。具体的に言えば、トム・クル…

麒麟がくる

半ば惰性で観ているのだが、どうにも盛り上がらない。大河ドラマに限らないことだが、歴史をテーマに物語を作るなら、現代的価値観を持ち込まないでほしいな。その時代にはその時代なりの価値観があるわけで、仮にそれが現代では通用しないものだとしても、…