雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

10年に一度の最強寒波

「すごい寒波がくる」というニュースは見ていたが、まさかここまで酷い目に会うとは・・・。

 

昼過ぎから外はものすごい吹雪で、窓から見る景色は真っ白。見る見る積雪していく様子に、今日は早く帰ろうと思っていたのだが、定時を迎えた後、しばらくすると同僚から電車が遅延で今は激込みという連絡をもらい、それなら仕事をもう少し進めておこうとしたのが間違いだった。

 

仕事が終わって帰ろうとしたら、駅の改札にひとだかりができている。嫌な予感は的中し、運転見合わせで復旧の見通しが立っていないとのこと。「しばらく待とうかな」とも思ったが、外は雪が降り続いており、止む気配はない。もしこのまま待っても復旧しなかったら・・・と思い、方針を変更して動いている別路線に乗ることに。

 

ところがその電車も大幅遅延。ホームで震えながら1時間待ち(めちゃくちゃ寒かった・・・)、ようやく乗車。終点で下車したが、まだまだ家までは遠い。しかしバスは休止でタクシーにはすごい行列。グーグルマップで検索し、覚悟を決めて歩くことにする。

 

雪は止まず、暗いし寒いし積雪のため歩きにくい。しかし他に帰る方法はないので仕方ない。とにかく歩く。これは八甲田山。頭の中で流れるのは中島みゆきの「地上の星」。どこか店内で座って暖かい食べ物が食べたい。しかしどこも閉店している。疲労と寒さと空腹に耐えかねて彷徨い、遠い先に灯りが見えた。「なか卯」だ。きつねうどんを注文する。・・・生き返った。なか卯のうどんってこんなに美味しかったっけ?と驚きつつ、感謝に震えながらうどんをすする。ありがたい。

 

気合を入れ直して、再び雪空の下を歩く。落ち着いて見回してみると、誰もいない街、音もなくしんしんと降り積もる雪、暗闇の中白い雪がとてもきれいで、これはこれで貴重な景色だと感じた。1時間半ほど歩いて、ようやく帰宅、生還。今日の歩数は15,698歩だった。家の風呂は最高の一言。

 

テレビをつけたら、今もまだ電車は運転見合わせのままで、結局復旧しなかったようだ。電車が時間通りに動くということのありがたさを思い知らされた一日だった。これもまた、失って初めて分かるありがたさなのかもしれない。

シートン動物記 灰色熊の伝記

シートン動物記と言えば、まずは「オオカミ王ロボ」が思い出されるが、今回読んだ「灰色熊ワープ」も良かった。苦境、孤独、力と復讐、そして老い。普通に人間を主人公にしても問題ないような壮大な物語であった。しかも、なんと絵は白土三平である。

 

 

 

 

ルードウィヒ・B

 

 

手塚治虫著。本作品は手塚先生の遺作であり、未完である。というより、未完の遺作が他に2作(『ネオ・ファウスト』と『グリンゴ』)あるということで、そのすごさに改めて驚く。本当に亡くなる直前まで執筆を続けられていたのだな・・・。偉大な漫画家に敬意を寄せて、未完と分かりつつ拝読した。ああ、手塚先生の絵だな。

 

中島みゆき

 

大吟醸

大吟醸

Amazon

 

 

振り返ってみれば名曲ぞろい。聴きながら自然と涙が出てくるのは、中島みゆきだからこそ。

  1. ファイト!
  2. 時代
  3. 旅人のうた
  4. タクシードライバー
  5. わかれうた
  6. 地上の星
  7. 最後の女神
  8. ホームにて
  9. ルージュ

 

石川県加賀温泉、愛知県徳川美術館

私の両親を連れて、石川県加賀温泉へ旅行してきた。加賀温泉の宿は、温泉と蟹料理を目的とする、昔ながらの旅館だった。泉質は良いし、朝も夜も入り放題、食事もものすごいボリュームで食べきれないほど出てきた。「贅沢を体験させる」ことが売りなのだろう、確かに豪華さは感じつつ、一方で、風呂はスーパー銭湯でも十分満足できるし、蟹も「まあ、美味しいな」というくらいで1食1万円(以上?)と言われるとそこまで求めるほどでもないかな、と。コスパを意識し過ぎて贅沢を楽しめないとは、我ながら情けない。それでも私は、自分のことを特別待遇(厚遇や贔屓、例外扱い等)してもらうことが苦手なのだ。

 

ところで、宿には外国人スタッフが数名いた。どこも労働力不足が大きな問題となっているようだが、こういう昔ながらの温泉旅館もそうなのか。いや、むしろ地域に若い人が居ないだろうし、コロナ禍で事業継続も危うかっただろうし、若い人がいなくて当然か。スタッフの方の日本語は流暢で、聞きたいことは教えてくれたのだが、私の父親は不満だったようだ。まあ、古参の仲居さんのように応対が完ぺきではなかったかもしれないが、考えてみれば海外のホテルで接客業をするなんて相当難易度の高い仕事であり、とても自分には務まらないと思う。

 

翌日、愛知県名古屋市徳川美術館へ行ってきた。初めて名古屋市内を運転したが、どこもかしこも5車線で、車線変更ばかり気になって運転しづらかった・・・。

 

美術館の展示品については、両親は満足したようだが、長男には何がすごいのか全く分からなかったようだ(刀剣は気にいったようだが)。このことを捉えて、「教養があれば物の良さが分かる」という考え方も可能だろうが、私はむしろ「何が良いと感じるか、どこに惹かれるかなんて、人それぞれであって不変ではないのだ」ということ。江戸時代には、多くの日本人が茶碗や茶壷、筆箱や硯に美を感じて、その所有する物の美を競っていたのだろうが、少なくとも現代の私にはそれほど興味は惹かれなかった。

 

思うに、永続的な美など無いのだ。その時、その場所の、その人の中に美が生まれるのだろう。「茶碗に美は無い」と言いたいのではなく、例えば人によっては美よりも実(用)だろうし、結局、何を重要と考えるかはその人の個性である。だからこそ、他人の評価に全権委任してはならず、自分は何が好きかという視点を持ち続けることが大事なのだ。

 

ちなみに本日の昼食は鰻。成人の日だからか、どこも満員で入れなかったが、偶然電話した店が開いていて助かった。お店にも鰻にも感謝して、ありがたくいただいた。

2022年の省察と、2023年の指針

2022年が終わった。コロナ禍はまだ続いており、変異株が次々に生まれて終息の気配が見えない。ロシアがウクライナに攻め込むという暴挙が起こり、世界はただいま戦時中だ。円安が進み、物価高は止まらない。世界は絶望ばかりが進展していくようにも見える。

 

自分自身を振り返っても、財布を落としたり、ICOCAを落としたり、クレジットカード不正利用の被害を受けたり、松葉杖生活を送ったり、まあ、色々悲惨なこともあったのだが、とりあえず私は今日も生きている。

 

夏にコロナウィルス(オミクロン株)に感染し、10日間の隔離生活を送ることになったが、その後無事に回復した。感染発覚時の絶望感を思い返すが、あのとき、家族や職場の皆に支えてもらったことにはもう感謝しかない。また今から振り返れば、あのような「何もしない生活」はものすごい贅沢な時間の使い方だったように思う。幸い、家族には伝染しなかったようで、皆で元気に新年を迎えられた。今年も一年、家族が健康でいられたことに感謝したい(私の腰痛は相変わらずだが・・・)。

 

嬉しかったのは、スプラトゥーン3が発売されたこと、そしてハンターハンターが再開されたこと。多くのサウナに出かけられたし、岐阜旅行も鳥取旅行も楽しかったな。何度も星空観察に出かけたのは新鮮で素敵な時間だった。長男は春から地域の少年野球団に加入し、毎週元気に野球に頑張っている。彼の希望を叶えられたことは、昨年中最も良い決断だったと思う。仕事では初めてリーダー職を任され、大変忙しかったし色々と苦しい経験も味わったが、案外楽しいことも体験できたと思う。

 

一年前に立てた目標はどうだったろうか。「飛行機で旅行」は叶えられなかったし、FIREもまだまだ(早く辞めたい)。「腰痛対策」も「睡眠負債を貯めない」も守れなかったな・・・。「歯磨きを丁寧に」、これは達成できたと思う。先日も歯科衛生士さんから褒められたし。

 

続いて昨年読んだ本から上位5点。「人生の短さについて」、アンダース・ハンセンの「スマホ脳」と「一流の頭脳」は2冊セットで、続いて「我が友、スミス」、「塞王の楯」、「すばらしい人体―あなたの体をめぐる知的冒険」。そして次点が「世界のシェー」。一昨年は兼好法師徒然草が一位で昨年はセネカが一位か。古典が読めるとという奇跡を堪能している。なお特別枠は当然「HUNTER×HUNTER第37巻」。まさか続きが読めるとは思わず、もう諦めていたので本当に驚いたし、嬉しかった。

 

次に鑑賞した映画(テレビドラマ含む)から上位5点。「鎌倉殿の13人」、「タクシー運転手 約束は海を越えて」、「ジョジョ・ラビット」、「ペンギンズ」、「スウィング・キッズ」。大河ドラマが二年連続の大当たり。一昨年の「青天を衝け」も良かったが、鎌倉殿の13人も文句なし。何度も「すげえな・・・」と呟きながら鑑賞した。この一年間、毎週日曜日が楽しみだったのは三谷幸喜氏のおかげである。

 

次に音楽だが、昨年はthe Beatlesをはじめ、色んな歌手のベスト盤を作ったのが楽しかった(ものすごい時間をとられるけれど)。

 

次に去年購入して良かったものは、「スプラトゥーン3」。・・・以上。ちなみに去年の投資行動だが、円安とNISAの制度改正に心を動かされ、嵐は収まっていない様子だがまた投資を再開することとした。さあ、どうなるかな。

 

さて、今年はどんな一年になるだろう。コロナ禍にはどうにか早く終息してほしいが、まだ続くのだろうか。インフレもまだまだ終わる気がしないが、ウクライナとロシアの戦争は一刻も早く終わってほしい。決して楽観視できない環境下で、個人としてどう生きるべきか。自分の心の中の「好き」とか「楽しい」とか「面白い」を大切に育てていきたい。朝は希望に起き、昼は努力に生き、夜は感謝に眠る、そんな一日を過ごせたら良いのだが。

 

セネカはこう言う。「人生がいかに短いもので、にもかかわらず、私たちがいかに人生を他人のために費やして(他人に奪われて)いるか。閑暇な生活に入り、自分の人生と向き合い、故人の英知と生き方に学ぶべきである。」そう、残された時間は短い。自分の人生を取り戻さなくてはいけない。

 

運動習慣をつけて腰痛を改善し、睡眠負債を貯めないこと。自分が大切だと思う人が少しでも幸せに感じられるよう、できる限りのことをすること。今年こそ、家族で3泊4日くらいの旅行に出かけよう。サウナは行った回数ではなく、心からリラックスできる環境を求めに行くこと。投資は細々と継続し、突然の波に一喜一憂しないこと。