雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

NHKラジオ深夜便 絶望名言2

 

 

 

頭木弘樹著。前作が大変心に沁みる一冊だったので、続編も読む。もちろん読んでよかった。著者の視点が私は好きだ。

 

中島敦「あるがまま醜きがままに人生を愛せむと思う他に途なし」

ベートーヴェン「いつかこれを読む人たちよ、あなたがもし不幸であるなら、私を見なさい。あなたと同じひとちの不幸な人間が、あらゆる障害にもかかわらず、それでもなしうるすべてのことをした。そのことになぐさめを見出してほしい。」

 

「なぜ自分は、こんな自分にふさわしくない人生を生きなきゃいけないんだろう?」と思いながら生きている人たち。そういう人たちって、じつは多いと思うんです。

 

こういう、格好悪くてなかなか人前では言えないことを正直に言えることが、著者の偉いところ。だから絶望名言は読者の心に響くのだろう。

 

競馬場

淀競馬場に出かける。随分長い期間(3年程?)リニューアル工事をしていたが、おかげですっかりきれいになっていた。駐車場が高額過ぎることと、屋外観覧席がすべて有料なのは若干残念だったかな。

 

子どもは初めての競馬場に興奮し、サラブレッドの走る様子を眺めていたが、残念ながら私の予想は外れるばかりで、たまに当たってもひどい低倍率だったりと、レースが進む度に資金が減っていくことを心配していた。まあ、世の中そう上手くいかないよな、と思っていたのかもしれない。

 

自分という壁

 

 

大愚 元勝著。和尚さんの講話を聞くような本。すべての内容に納得したわけでもないが(そんなことはあるはずもないので、部分的に納得できたのならそれでよし、ということが前提ではある)、改めて「そうだよな」と感じたのは次のような箇所。

 

あなたが自分のことを大切に思うように、相手もまた自分のことが大切。そのことを認識しておくことができれば、自然と人に対する共感や思いやりが生まれてくることでしょう。自分の「我」だけを優先させず、「自分が相手の立場だったらどう思うか?」を考えてほしいのです。

「こうなってほしい」という欲望は、その人の心が生み出した都合の良い「妄想」にすぎません。他人へのイライラは、「勝手な期待」から生まれる。「他人は自分の思いどおりになどならない」ということを心に留めておきましょう。大前提として、人生は自分の思いどおりになることなどほとんどない

じつは嫉妬に対する処置は至ってシンプル。「他人の喜びに対して、あなたも一緒になって喜んであげること」これが最も効果的です。

憧れと羨みは違う。「羨ましいあの人」と同じ努力が自分にできるかどうか。

漠然とした焦りを感じている場合もあるでしょう。こんな場合は、「自分がなにに焦りを感じているのか?」「なにをいちばん大切にしたいのか?」を明確にし、優先順位を明らかにすること。

「どうにもならないこと」に心を使わないこと。つねに他人への不満ばかり言っている人は、いわば「おいしくないとわかっている食事をずっと食べ続けている」ようなもの

「自分は正しく、相手が間違っている」が苦しみのもと

 

可燃物

 

 

米澤 穂信の短編推理小説。主人公は群馬県警本部刑事部捜査一課の葛警部。上司や部下、同僚からさほど人望があるわけでもなさそうで、いつも菓子パンとカフェオレばかり食し、そしてひたすら冷徹に現実を見つめ続ける。葛警部は笑わず、怒鳴らず、人を褒めず、卑屈にもならず、愛想も悪く、無駄口をたたかない。まるで人間味がない主人公なのだが、著者の無駄をそぎ落とした骨太な文体とあいまって、私はこの葛警部を大いに気に入ってしまった。著者には是非、続きを書いてほしい。

NHKラジオ深夜便 絶望名言

 

 

頭木弘樹著。著者と川野一宇アナウンサーによるNHKラジオ深夜便の放送を書籍化したもの。番組そのものは聞いたことがないが、確かに深夜ラジオにふさわしい番組かもしれない。美しく明るい、希望に満ちた言葉ばかりが飛び交う世の中で(だからこそ)、絶望の中からしか出てこない言葉に「救われる」こともある、というのが著者の思い。

 

これは、とても良く分かる。そういうことが分かる年齢になってきた、ということかもしれない。カフカや太宰が語る、うじうじとした、このどうしようもなさ、そうした言葉が救いになる。それを読んで何かが改善するでもなく、解決するでもないが、それでも読者として救われる。その感覚、よく分かる。ドストエフスキーのように死の淵を覗き、自身が圧倒的な絶望を経験したからこそ得られた視点。そこからかかれた文学は、読書体験でしか得られない宝なのだが、元気で全てが順調に進んでいるときに読んでも鬱陶しいだけだろう。苦境のときにこそ読むべき本があるのだ。

 

絶望だけが人生だという趣旨ではないが、希望だけが人生でもないわけで。人間を知ろう、学ぼうと思うなら、両面から見ないといけないという話。「明けない夜はない」という言葉と「明けない夜もある」という言葉、私はこの矛盾する両方の言葉について共感できる。そう、明けない夜もある。

 

また、ゲーテの項で紹介されていた、「他人の人生をあらすじで見ないこと」という指摘も重要だ。人生をあらすじ、概要で記述すると何の問題もなく順調にいっているように見える(錯覚する)が、そんなわけはない。どの人にも、その人なりの苦悩、苦労があるはずで、それは他人と簡単に比較することはできない。

 

巻末に書かれた根田ディレクターの「『絶望名言』ができるまで」も良かった。是非、2巻も読みたい。なお、本書はスゴ本の方が紹介されており手に取ったもの(感謝)。