雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

仕事

東京出張

珍しく東京出張。かなり暑い。昼食は、赤坂四川飯店で陳さんの麻婆豆腐を食べる。これが本場の味なのだろうか。旨辛かった。蘇るがいい、鉄人料理人よ!用務終了後は、新幹線まで時間があったので、近くの駅まで歩いてみる。大使館があったり、大学があった…

平成30年7月豪雨

昨夜からすごい雨で、うるさくて眠れないと思っていたら、翌朝になっても豪雨は止まず、外に出るのもままならない。テレビを見ると西日本は大雨洪水警報が出され、交通機関は麻痺し、川が決壊するとか橋が流されるとか床上浸水だとか。何が一体どうなってい…

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書) 作者: 楠木新 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/04/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (14件) を見る 楠木 新著。日頃意識しない話ばかりだったので、興味深い内容だった。著者自身の経験…

蛍、ハイキング

金曜日は外食。家族で焼肉屋なんて久しぶりだ。残念ながら今日はビールが飲めなかったので、ごはんと肉でひたすら食べる。なかなか美味しかった。その後は蛍を探しに公園に出かける。かなり多くの蛍が飛び交い、幻想的な風景だった。私も久しぶりにみたが、…

週末行事友人来訪東京出張

この週末は、色々なことがあった。土曜日は長男と2度目の鉄道博物館に出かける。蒸気機関車は何度見ても格好いい。混雑具合もほどほどで、楽しめた。夜には横浜に住む友人が来訪。土産にもらったアップルパイを食べる。日曜日はピザづくり体験。生地からつく…

新年度(心機一転)

新年度が始まった。仕事の内容が大幅に変わり、人間関係も含めて一からの再スタート。これまでの経験が活きてくることを祈りつつも、過去はいったん切り離して、転職した気分でやってみようと思う。「人生にリセットボタンはない」とも言われるし、「人生は…

逃避思考

嫌なことが続いたり、仕事で追い込まれてつぶれそうになると、「ミサイルでも落ちたらよいのに」等、全てがリセットされることを願う思考パターンに陥る。そうした場合、往々にして自分は被害を免れることが前提になっていて、勝手なものだと我ながらあきれ…

働くことがイヤな人のための本

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫) 作者: 中島義道 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2004/04/24 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (110件) を見る 中島義道著。いつもの中島節ではあるが、仕事に対する思い、人生に向…

疲れた。

疲れた。もう嫌だ。でも明日から連休だ。

台風21号

昨日は日曜日なのに仕事が入る。帰りは嵐の中で、先がほとんど見えない状況で運転するのは怖かった。無事に帰宅できたと思ったのも束の間、朝になったら交通機関が麻痺していた。電車は動かないし、ホームは人であふれているし、道路は車で大渋滞。地獄絵図…

師走

師走だから忙しいのも仕方がない。クリスマスが終わるともう年末年始。1年なんてあっという間だ。 仕事の関係で、久々に(10年ぶりくらい?)学生時代の友人に再会。お互い変わりなく、それぞれ年を取り、自らの環境において今を生きていた。仕事上の情報…

シゴトの渋滞学: ラクに効率を上げる時間術

シゴトの渋滞学: ラクに効率を上げる時間術 (新潮文庫) 作者: 西成活裕 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/05/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 西成 活裕著。「シゴトの渋滞、解消します!」の改題。渋滞学を提唱した著者によるビジ…

最少の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術 作者: 泉正人 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2008/03/03 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 38人 クリック: 649回 この商品を含むブログ (209件) を見る 泉 正人著…

ルーチン力

ルーチン力 作者: 佐々木正悟 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2009/01/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック: 53回 この商品を含むブログ (14件) を見る 佐々木 正悟著。業務効率化を図るためのキーワードとして「ルーチン化」を掲げ、…

繁忙期

忙しい時期に入ってきた。帰りが遅いので、家事も子供の世話も妻に任せっきりで申し訳ない。福岡の道路に大穴が空いたり、アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利したり、世の中は色々動いているようだが、私は日々の生活に追われているだけだ・・・。

げつようび

たった一日働いただけで、ひどく疲れてしまった。どうやら精神的に参っているようだ。家に帰ると、ほっと一息つけるのがせめてもの救いか。

サザエさん症候群

日曜日が終わる。それが恐怖で体調まで悪くなってきた。もう昼過ぎくらいから頭痛がする。これはきっとうつ病だ、もう俺は駄目だと話したところ、妻から「本当にうつ病にかかっていたら、そんな何時間もかけてカレーを作らないと思うけど。単に風邪なんじゃ…

重荷

今日、ひとつ、重たい荷物を下ろすことができた。だからといって、日常生活に大した変化はないけれども、精神的にほっとした。後は、まあ、何とかなるだろうという見通しが立ったし、一度ゆっくりと人生を見つめなおす時間を作ったほうが良い気がする。人生…

幸福の商社、不幸のデパート

幸福の商社、不幸のデパート ?僕が3億円の借金地獄で見た景色? 作者: 水野俊哉 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2011/10/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (4件) を見る 水野 俊哉著。成功(間近)と…

仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか

仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書) 作者: 筒井 淳也 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2015/05/22 メディア: 新書 この商品を含むブログ (22件) を見る 筒井 淳也著。日本の労働問題と少子化問題との全体像を描いた、とて…

東京出張

今日のお弁当は、「てとてグランスタ店」の西京焼き弁当。素朴な味わいで美味しかった。土産は、まい泉のカツサンドと、香炉庵のどら焼き。家族にも好評で何より。

東京出張

今日のお弁当は、「浅草今半グランスタ店」の牛肉弁当。間違いのない味で安定感がある。土産は、長男ご指名のまい泉のカツサンドと舟和の芋羊羹。贅沢な。

笑顔を生み出す仕事

どうせ働くなら、笑顔を生み出す仕事がしたいと思う。人が喜ぶ仕事がしたい、きっと多くの人がそう願いつつ、現実は残念ながら、全ての人がそういう仕事に従事できるわけではない。 それでも、諦める必要はないと思う。これだけ人がたくさんいるのだから、き…

ゆでガエル

自分の無能さから考えると、現在こうやって働いて給料をもらえること自体に感謝すべきなのかもしれない。組織を飛び出たところで何ができるわけでもなく、そもそも志が他に無いのだから行くあても無い。一方で、モチベーションは日々、下がるばかりだ。旧態…

げつようびがやってくる

9連休も、終わってしまえばあっという間。基本的には家でのんびりしていたので、私にとってはとても幸福な日々だった。ハワイで過ごす正月も素敵だと思うが、家族でごろごろ寝正月というのもまた最高じゃないかと思う。だからこそ、明日からが耐えられるの…

休暇と料理

所用があり、休暇を取る。午前中に片付いたので、洗濯をしたり買い物をしたり家事をする。家にひとりで家事をすると、こんなに効率よく進むのかと新鮮な感じだ。 私は時間があると、煮込み料理を作りたくなる。今日はさつまいも御飯と味噌汁、鯖の味噌煮と秋…

仕事がきついときこそ家族のありがたみが分かる。

仕事がつらい、嫌だ、辞めたいと思うようなとき、家族がいるから頑張れるということを実感している*1。特に、幼い子供の成長ぶりや、彼が日々何らかの壁を乗り越えようと懸命に頑張っている様子を見ていると、もうひと踏ん張りしてみようという気になってく…

台風16号

夜中に目が覚めるほどの風音(長男だけはすやすやと眠っていたが)。すわ何事かと思い、カーテンを開けてみたら暴風雨。朝には治まったものの、寝不足気味のところへ呼び出しの電話があり、仕事に出かける。職場周辺の方が被害が大きく、電車、道路いずれも…

暑い。

あまりの暑さにくらくらする。職場では、自分よりも年上(!)の年代物扇風機が活躍しているが、ぬるい空気をかきまわすことしか出来ないのが哀しい。保冷剤でも持っていこうか。

時間の使い方

時間の使い方とは、当然ながら人生の使い方のことである。今日は大変に憂鬱な思いをさせられたが、一方で学ぶこともあった。他人を困らせたり、いちゃもんをつけたりすることで自分の時間を消費することほど勿体ないことはない。暇な時間の使い方で、人の教…