雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

夏の3連休

週末の金曜日は、子どもがお泊り保育のため、夫婦で外食。久々に贅沢をする。美味しかった。

 

土曜日。非常に暑い、洗濯日和。夏野菜をたくさん買う。長男は、祖母からランドセルを買ってもらう。どれを買うべきか迷ったが、結局は無難な黒にする。最近のランドセルはどれも背負いやすくて軽い。よかった。

 

日曜日。今日も暑い。朝から川で遊び、子どもにびしょびしょにされる。川の水は冷たくて気持ちいい。午後は暑すぎるのでしばらく屋内で過ごし、夕方、ボルタリングをして遊ぶ。夕飯は珍しくステーキ。食後は花火。夏らしい一日。

 

月曜日は残念ながら仕事。暑い。

 

孤独のススメ

 

孤独のススメ [DVD]

孤独のススメ [DVD]

 

 

ディーデリク・エビンゲ監督、トン・カス主演。原題「MATTERHORN」のままで良いのに、とは思った。色々と予想外の展開が続き、驚かされた。冒頭のシーンからは予想できなかったが、結構、気楽に笑える映画ではある。

東京出張

珍しく東京出張。かなり暑い。昼食は、赤坂四川飯店で陳さんの麻婆豆腐を食べる。これが本場の味なのだろうか。旨辛かった。蘇るがいい、鉄人料理人よ!用務終了後は、新幹線まで時間があったので、近くの駅まで歩いてみる。大使館があったり、大学があったり、小さな公園があったり。知らない街を、あてもなくぶらぶらすることは、どうしてこんなに楽しいんだろう。今回も土産は東京ごまたまごとN.Y.C.SAND。

f:id:irota:20180709122845j:plain

 

英会話教室

子どもの英会話教室体験授業。最初は緊張して言葉が出ず、不安そうな顔をしていたが、先生に励まされ、頑張ってついていった。もう嫌になったかな、とも思ったが、帰宅後は「お父さん、英語の勉強すんでー!」と英語の勉強に励む。負けず嫌いなのか、好奇心旺盛なのか、やたらと張り切っていた。あまり負荷をかけたくはないが、本人にやる気があるなら応援しようか、と色々迷うところ。

平成30年7月豪雨

昨夜からすごい雨で、うるさくて眠れないと思っていたら、翌朝になっても豪雨は止まず、外に出るのもままならない。テレビを見ると西日本は大雨洪水警報が出され、交通機関は麻痺し、川が決壊するとか橋が流されるとか床上浸水だとか。何が一体どうなっているのかと思いつつ、避難が必要という状況でもなかったので、とりあえず出勤する(大幅に遅刻したが)。

 

仕事を片付けて帰宅するときも、電車はほとんど動いていないし、道路はどこも大渋滞だし、雨は止まないし、次々と大雨特別警報が出されるし、なかなか異様な状況だった。台風の直撃を受けても、ここまでひどいことにはならない。大地震が起こる度に思うことだが、日常の生活というものは、崩れる時はあっけなく崩壊する。

英会話教室、登山、プール

土曜日。長男を英会話教室の体験授業に連れていく。今日はどこに遊びに行くの?英語って何?と心の準備もできぬままで、他の子どもと一緒に小部屋に入れられ、日本語を話さない大人と過ごすという状況はさすがに不安だったのだろう。最初は緊張と警戒心がありありと見えていたが、そこは柔軟な子どもの心と先生のスキルのおかげで、がんばって授業に参加していた。

 

終了後、どうだったと聞いてみたところ、「先生が何言っているか全然分からなかったけど楽しかった。」とのこと。・・・そうか、全然分からなかったか、と思いつつも、泣かずに最後まで授業を受けただけで褒めてあげたいところ。まあ、そこまで焦ることもないか、という気もするので、しばし様子見かな。もし本格的に始めるなら、親も一緒に勉強しなきゃ不公平だよな、とは思う。いつかは家族で海外旅行も夢じゃない?

 

あとは買い物をしたり、長男の散髪をしたり。今日の夕飯はたこ飯。枝豆を入れたのは正解だった。

 

日曜日。前から行こうと言っていた山登り。低いので子どもでも安心、との情報だったが、予想外に暑い。妻も長男もモチベーションが低かったが、半ば強引に励まして行く。行ってみると、登山道は木陰ばかりで涼しく、40分くらいで登れたので気持ちいい運動という程度だった。見晴らしも良かったし、下りはロープウェイで楽々。

 

下山後、妻が以前から行きたがっていた飲食施設へ。確かに外観も素敵な施設で、ウィンドウショッピングだけでも楽しめる(ものすごい観光客に驚きつつ)。早めに入店したので、なんとか昼食にもありつけた。登山の効用もあり、美味しくいただけた。

 

帰宅後、疲れて昼寝をする。ところが起きたら長男が「ねえ、プール行こうよ」と言ってくる。どんだけ元気なんだ、と思いつつ、調べてみたら近くのプールは本日から営業開始とのこと。確かに暑いし、行ってみるか、と気楽に返事をしてしまう(妻はにっこり笑って「いってらっしゃい」)。午後3時過ぎだというのにすごい人混み。皆、考えることは同じということか。それでも結局5時半くらいまで、くたくたになるまで遊んでしまった。改めて思うが、子どもは元気だ。本格体に夏が始まったら、一体どうなってしまうのだろう。

 

今日の夕飯はハンバーグ。何度作っても、ハンバーグの焼き方は難しいと思う。

伊丹

f:id:irota:20180624124001j:plain

 

 伊丹空港に近接する伊丹スカイパークへ出かける。子どもがしばらく公園の遊具で遊んだ後、飛行機の離着陸を眺めながら昼食をとる。至近距離なので迫力があり、しかも高い頻度で発着があるので興奮してしまう。

 

 その後、伊丹市昆虫館へ出かける。リニューアル工事の関係で、約1年ぶりの再訪だ。駐車場からの昆虫館までの森を歩く。今日は暑かったが、木陰は爽やかで気持ち良い。施設内部に入り、たくさんの虫を目の前にして大興奮の長男。そして温室のチョウチョ館が素晴らしい。美しい南国の花と飛び交う蝶蝶。さらに今回は特別企画で危険生物展もあり、長男の好みのど真ん中。帰宅後も図鑑を見ながら復習していた。

 

 日に日に暑くなっていく。気軽に出かけられるのも、今だけなのかな。