雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

三連休

三連休は嬉しいが、終わってしまえばあっという間だ。梅雨の合間をぬって、公園で自転車の練習をしたり、野球をしたり、買い物をしたり。

 

7歳の誕生日を迎えた長男は、念願のNintendo Switchを購入。店に自分で電話して在庫確認を行い、自分で貯めたお金を持っておもちゃ屋に行き、本体とNintendo Laboを購入。すぐに帰宅して、嬉々とした顔で組み立て始めた。よかったね。

 

ローザンベリー多和田の「ひつじのショーン:ファームガーデン」を見に行く。とてもよくできていて、本当にアニメの世界を再現していた。またNHKでアニメが再開されると良いのだが。昼食はビュッフェスタイル。ジュースもデザートも食べ放題で、これもまた誕生日ならではか。とどめは夕飯で、ハンバーガーを自分で作ってみた。肉にチーズにレタスにトマトにアボカドをのせてオーロラソースをたっぷりと。ものすごいボリューム感で美味しかったが、めちゃくちゃ食べにくいのは誤算だった。

 

f:id:irota:20190715104208j:plain

f:id:irota:20190715194054j:plain



 

野球観戦

大阪京セラドームで野球観戦。オリックスバファローズソフトバンクホークス。やはり野球場は臨場感があって楽しい。今回は3塁席(ソフトバンク側)の指定席だったが、残念ながら逆転負け。まあ、そんなこともあるか。

 

試合終了後は、グラウンドに降りられる特別企画。野球場の広さを実感した長男は、ますます野球が好きになったようだ。ちなみに本日の昼ご飯は梅田の「はなだこ」でたこ焼きをたらふく食べた。ソース味もだし醤油味も、最高だった。

「死」とは何か

 

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

 

 

シェリー・ケーガン著、柴田裕之訳。とらえどころのない「死」について、少しずつ形を掴み、遠ざけるでもなく、恐れるでもなく、淡々と「自分は死ぬ」というその事実を自分の人生として受け止める書である。

 

「死をもって生は完成する」と考えれば、死は生の一部を構成していると言えるだろうし、また「死ねばそれで全て終わり」と考えれば、その先のことを考えても(または恐れても)意味がないとも言える。身体をもった機械としての私は必ず死ぬし、そしてあなたも死ぬ(長期的には、我々は皆死んでいる)。

 

「死ぬときは常にひとり」という常套句の誤りを指摘されていたのは、とてもよかった。著者が言う通り、人間は、誰かと一緒に死ぬこともあるし、皆に囲まれて死ぬこともある。それが単に「自分の死は自分で遂行しなければならない」、ということを意味しているのであれば、それは生の行為全てが同様であり、死だけに強調する必要もない。

 

「もっと生きたいな」、という素朴でいて、かつ人生の哀しみを端的に表したこの感情を、著者は否定しない。もう少し生きたい、と、これまで幾多の人が思ってきたことか。人生は短い。

 

「死」を考えていくと、必ず「生」を考えることになる。私は死ぬ、だからこそどう生きるのか、と考えるのは、ごく普通の話である。死は「機会」を奪うから悪い、と著者は言う。しかし自分の生において、その「機会」をどれだけ大事にしてきたか、と省みたとき、苦笑いをせざるを得ない(笑っている場合ではないのだが)。

PC購入

現在使用中のパソコン(SONYVAIO)も、2010年11月に購入して8年半。動作の遅さにイライラすることが増え、ついに買い替えることにした。今回の条件は、メモリ8GB、SSD256GB、ノートパソコンとタブレットの一体型(2in1)、画面15インチ以上。結局、HPのENVYx360シリーズを購入することに。送料込みで73,000円。前回購入時と金額は変わらず、か。

 

届いてみたら、薄い、速い。長男が「これでタブレット学習するよ!」と触っているが、見ていて怖い(それ、新品ですよ)。

雑事を片付ける

小学校の旗持ち当番。ついでに午前中は休みをとって、銀行やら、医者やら、車検の予約やら、色々たまっていた諸事をこなす。To Do Listが消えていくのは嬉しいが、忙しすぎて自分のメンテもできていないという事態は、いかがなものか。

 

週末

梅雨前の、曇り空。特に遠出するでもなく、近所の公園でサッカーをしたり、自転車の練習をしたり(ようやく、自転車のペダルを漕いでまっすぐ進めるようになってきた)、プールでクロールの練習をしたり(息継ぎなし。まだ右手と右足、そして手と足がバラバラ。)する。子どもは元気だが、こちらはバテ気味。少し頭痛がする。

習字、ハイキング

週末は、梅雨前ではあるが、曇り空。公園でキャッチボールをしたり、買い物をしたり、図書館に行ったり。突然、長男に習字を教えてみたり、ハイキングに出かけてみたり。身体を酷使して、疲れたけれど、気分はリフレッシュ。もう少し、平日の睡眠負債を解消しなくてはいけないのだが・・・。