読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

砂の器

映画

 

<あの頃映画> 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]

<あの頃映画> 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]

 

 

 松本清張原作、野村芳太郎監督、丹波哲郎主演。ほとんど何も手掛かりのない状態から、物語が進むにつれて全貌が明らかになる、王道刑事モノ。どうして和賀英良(加藤剛)が 三木謙一(緒形拳)を殺さなくてはならなかったのか、そこがどうにも理解しかねるような気もするが、そこは、ハンセン氏病にまつわる当時の一般的な感情を共有しないとわからないことなのかもしれない。

 

 本作のクライマックスは、幼少の和賀英良が病気の父と諸国を放浪する回想シーン。ひもじく、みじめで、頼りなく、それでも父親と一緒に支えあって懸命に生きる子供の姿を観ていると、実際に子を持つ身としてはつらかった。今も思い返すだけで泣けてくる。