読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

生物と無生物のあいだ

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

 福岡伸一著。DNAの二重螺旋構造について、生物の自己増殖性について、生物の身体の大きさについて、エントロピーの増大との平衡について、生命と機械との違いについて、ES細胞について・・・等々、内容が盛りだくさんの新書だった。もちろん、本書ですべての疑問が解明されるはずもないのだが、生物学入門書としては相当に面白いと言える。


 生命というものは、「時間に沿って流れゆく」ことを余儀なくされた、無数の細胞のふるまい。本書を読んで、改めて私の命は私の身体によって「生かされている」のだな、と再認識した。