読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

樅の木は残った

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (中) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (中) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)

 山本周五郎著。伊達騒動を舞台にした話で、どこまで史実なのかは分からないが、隙のない重厚な物語に、そして主人公原田甲斐の生きざまに圧倒される長編時代小説。


 侍という生き方は、なんとも辛いものだと私には理解し難いが、著者はこの主人公を以て、「侍の本文というものは堪忍や辛抱の中にある。」「いつの世でも、しんじつ国家を支え護立てているのは、こういう堪忍や辛抱、人の眼につかず名もあらわれないところに動いている力なのだ」と言いたかったのだろう。