読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

ローマ

 バス*1カンポ・デ・フィオーリまで行き、市場で買い物をした後、周辺を散策。お目当ての店は見つからなかったが*2、予定を変更してパンテオンとサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会を見学。


 その後、バスでテヴェレ川を渡って昼食を済ませた後、バチカンへ行く。サン・ピエトロ大聖堂はすぐに発見できたのだが、暑いし、広いし、さすがに観光客も多くて混雑していた。まずは予約していたバチカン美術館に行こうと思ったものの、どこが入口か見当たらない。ガイドブックによると大聖堂の右手側、とだけあるので向かってみるが、一向に見えない。まさか大聖堂から延々と15分も歩いてようやく美術館の入り口が見えるとは思わなかった。


 美術館という言葉に騙されてはいけない。ここはバチカン、歴代教皇が永年かけて収集した膨大な作品が眠る巨大倉庫なのだ。・・・ということを本当に認識するのは美術館の中に入ってから。広過ぎるし多過ぎるのだ。システィーナ礼拝堂にたどり着くころには2人ともヘトヘトになっていた。あれを独りで描き切ったミケランジェロはまさに天才なのだろう。その後は、ショートカットということもあり、そのままサン・ピエトロ大聖堂に行き、またしても圧倒される。バチカン怖い。キリスト教怖い。


 少し喫茶店で休憩してから、ポポロ広場、ピンチョの丘から景色を眺め、ファブリアーノで買い物の後、夕飯。お目当ての店が休みだったので、どこか適当に、と入った店が失敗だった。味には不満ないものの、対応は遅いし値段は高いし、残念な店であった。今後の教訓として、

  1. 客引きが熱心
  2. 日本語メニューがある
  3. 無理やりテラス席に座らせる

という店は敬遠すべきだとふたりで心に誓った。












*1:旅行先でバスを利用するのは難しいものだが、今回に限っては「ROMA-PASS」のおかげで非常に簡単だった。

*2:この他にも、ことりっぷで紹介されている店のいくつかが見つからなくて困ったことが度々あった。中には店が夏休みだった、という場合もあったが・・・。もう少し地図の精度をあげてほしいところ。