雑記帳

関西在住の中年男性による日々の雑記です。

飲食

茶摘み体験

土曜日は長男の習い事。帰りに図書館へ寄る。5月にしては結構寒かったので、夕飯は豚の角煮と煮卵。我ながら美味しく出来たとは思うが、肉肉しかった(野菜不足)かな。 日曜日は地域の掃除活動。長男も頑張って草むしりを手伝ってくれた。昨日と比べてかな…

シーバスリーガル

晩酌は、焼酎よりもウイスキー。バーボンよりもスコッチ。ブレンディッドなら、ジョニーウォーカー(黒)も良いが、シーバスリーガルの方が好みか。香りが深く、甘いコクが良い。シングルモルトがもう少し安ければな、とは思う。いずれにしても、暑くなれば…

SEVEN CAFÉ(セブンカフェ)

リニューアルしたとのことなので、セブンイレブンのドリップコーヒーを試してみる。抽出時間は早い。結構深煎りなのか少し苦いが、あっさりとした味で飲みやすい。香りは・・・あまりしなかった。が、これで百円とはすごい。「日本で一番売れているコーヒー…

珈琲の焙煎

珈琲の焙煎に初挑戦。珈琲は焙煎後、日が経つにつれ風味が落ちていく。ならば自分で焙煎してみようと考え、道具を揃えていざやってみると、難しそうだと思っていたが案外上手に出来た・・・気がする。 最初は弱火で水分を飛ばし、次第に中火にして熱風で焼き…

強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!

強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (講談社+α文庫) 作者: 水島弘史 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/08/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 水島弘史著。勝間和代さんのブログを見て、試しに読んでたもの。これまで料理につ…

図書館で本を借りたり、餅を食べたり、コタツでごろごろしたり、冬らしい週末を過ごしていたが、少しくらいでかけようかと、近所の道の駅に行って、苺狩りをする。昨年度はゴールデンウイーク近くに行って、味の抜けた全然美味しくなかった記憶があるが、今…

ふだんの料理がおいしくなる理由

ふだんの料理がおいしくなる理由 「きれい」な味作りのレッスン (講談社のお料理BOOK) 作者: 土井善晴 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/12/04 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (6件) を見る 土井善晴著。ごはん作りの…

クリスマス

毎年、クリスマスには妻が鶏肉をオーブンで焼いてくれる。今年はパエリアも作ってくれて、これは大変な御馳走だ。ワインとチーズ、食後に珈琲とケーキ。長男も「ケーキは別腹だね」とたらふく食べて、皆満腹。 長男が、「サンタさんが来るから準備をしなきゃ…

法事

法事のために親戚が集まった。お経を聞く、ということは子どもには苦痛だな、としみじみ思いつつ、自分自身、いい年をして良く理解できないところがある。南無阿弥陀仏の「南無」とは何か、また「阿弥陀」とは何ぞや。 とは言いつつ、冠婚葬祭だからこそ、皆…

冬の紅葉

強烈な寒気。もはや冬が来たようだ。しかしまだ霜月ということで、紅葉を見に近所の寺へ散策に出かける。紅葉の色づきが、少しだけ遅いようで、見頃は来週だろうか。ここの綺麗な境内は、地域の方々の労力の賜物。丁寧に掃除して、綺麗に飾り付けをしている…

秋の行楽

田んぼに咲く彼岸花とキンモクセイの香り。少し冷えるね、と朝に声を交わし、夕焼けの茜色にしばし見惚れる。本当に、秋が来たんだな。 朝はホットコーヒーが美味しく感じる。昼に麦茶を作るのを止め、熱い焙じ茶を淹れるようになった。今日の夕飯は秋刀魚の…

飲み会

有朋自遠方来、不亦楽乎。東京と名古屋から友人が遊びに来てくれた。珍しく京都駅周辺の居酒屋で呑む。家族の話、仕事の話、近況報告。あっという間に4合瓶が空いてしまった。 何か目標を掲げ、または熱心に取り組んでいる友人の話を聞くと、自分はなんとダ…

贅沢な一日

ヒメシャラと紫陽花の花が咲いている。梅雨の日曜日は、意外にも快晴。夫婦ともに運動不足を解消する狙いもあり、少し遠出して、行ったことのない公園へ。出かけるまでは面倒くさそうにしていた長男も、着いた途端に駆け出して、初めての遊具に果敢に挑戦し…

ホワイトホース12年

友人に勧められて、しばらくは焼酎を飲んでいたが、やはりウイスキーに戻ってくる。今回、読書の友に購入したのはwhitehorseの12年。ブレンディッドのスコッチで12年だとシーバスリーガルやジョニ黒、バランタインが先に来るので、ホワイトホースは飲んだこ…

サザエさん症候群

日曜日が終わる。それが恐怖で体調まで悪くなってきた。もう昼過ぎくらいから頭痛がする。これはきっとうつ病だ、もう俺は駄目だと話したところ、妻から「本当にうつ病にかかっていたら、そんな何時間もかけてカレーを作らないと思うけど。単に風邪なんじゃ…

プリングルズ

プリングルズが改変され、とても不味くなってしまったので悲しい。どうしてもあの味が忘れられず、サワークリーム&オニオン味の輸入品を買う。これこれ、この味。・・・どうしてメーカー(P&G→ケロッグ?)は、あんな味にしてしまったのだろうか。

アジフライ

今日は一日中強い雨。自動車の定期点検が無かったら、外出しなかっただろう。洗濯、掃除、買い物、溜まったTV録画を観て昼寝と、なんとも平和な土曜日。 スーパーで鯵が安かったので、初めてアジフライを作ってみた。こんなに簡単で美味しくできるなら、ま…

東京出張

今日のお弁当は、「浅草今半グランスタ店」の牛肉弁当。間違いのない味で安定感がある。土産は、長男ご指名のまい泉のカツサンドと舟和の芋羊羹。贅沢な。

ウィスキー

友人にいただいたマッカラン(macallan)12年を遂に飲み尽くしてしまった。少しだけ加水して、独特の香りを楽しみつつチビチビ飲むのが楽しみだったのだが…。自分で買うのはちょっと手が出せない価格帯だし*1。 秋になって、ビールの季節も終わりつつあり、…

夏の家庭菜園の総括

初めての家庭菜園。どんなものかと作ってみたが、なかなか難しい。これからの季節は、大根、人参、小松菜、大蒜などを作ってみようかと計画中。 ブロッコリー:一応、出来たけれど、味はいまいち。とにかく青虫が多過ぎる。ひとつの苗からひとつの作物しか採…

バター

何故ここまでの長期間、バターの供給が不安定なのか。やっと入荷されても200グラムで450円とか、とても納得いく価格ではない。農水省の施策は機能不全であり、酪農農家の保護のために消費者がバターを買えないというのは、本末転倒もいいところ。一刻も早く…

花金

東京で働いていた友人が、大阪へ転勤になったので歓迎会として飲みに行く。暑い日にはビールと串カツがたまらない。カキフライ、蛸の唐揚げと揚げ物尽くしでギトギトになったところで、趣向を変えてBARに行く。 2人ともウィスキーが好きなので、オーセンテ…

マグリット展

京都市美術館で開催中のマグリット展を妻と観に行ったところ、空調機器の故障のため中止とのこと。憤慨しつつも仕方なく、同時開催中のルーブル美術館展に行ったが、大混雑だし、さほど興味を惹かれないし。真夏じゃなかったら、そんな理由で中止になること…

最近、旬の食べ物の美味しさを実感することが多い。今なら南瓜、鯵、そしてトマトだ。鯵が安かったので、夕飯に鯵のたたきを作ってみたところ、子供もぱくぱくと食べてくれた。 トマトも美味しい。特に畑で収穫したばかりのトマトは生で食べてもガスパチョに…

ラドラーとトムヤムクン

最近のハマった商品。サントリーのラドラーと、日清のトムヤムクンヌードル。 ラドラーサントリー 「ラドラー」 カップヌードル トムヤムクンヌードル:カップヌードル トムヤムクンヌードル | 日清食品グループ ラドラーは、レモン風味のビール系飲料。本場…

食事係

昼食はごはんと味噌汁、茄子とお揚げのあげ浸し。夕食はごはんと味噌汁、ハンバーグのトマト煮込み。明日用に、鶏肉とさつまいもの炒め蒸しを作り置き。妻から、「やっぱりちゃんと出汁をとると美味しいねえ。」と言われる。嬉しい。

イタリアン

長男を祖父母に預かってもらい、昼食はレストランで外食。前から行ってみたかったイタリアンレストランに出かけ、お祝いをする。 ランチコースはシェフおまかせで。ズッキーニとチーズのムース、生ハムとモッツァレラチーズと盛りだくさんの野菜とマンゴーの…

天麩羅

何となく億劫だったので、これまで天麩羅を自分で揚げたことはなかったのだが、筍の天ぷらが食べたかったので初挑戦。薩摩芋と一緒に揚げてみる。薩摩芋は少し時間をかけたので、甘みが引き出せて塩だけで食べても大変美味しくできた。筍も美味しかったのだ…

筍掘り

知人の所有する山林で筍掘りをする。筍は掘っても掘っても生えてくるそうで、それを放置すると竹藪が鬱蒼としてしまい、人が歩けなくなってしまうので、管理上の観点からも筍は掘らないといけないそうだ。戦力にならない長男だったが、初めての山に初めての…

充実した日曜日

今日は朝から長男を義父母に預かってもらい、久々に夫婦二人で外出。美術館へ行き、買い物をして、ホテルでランチ。楽しかった。置いて行かれた長男は若干寂しそうな素振りもみせていたが、祖父母に十分可愛がってもらい、彼なりに満足そうだった。 客用の茶…